忍者ブログ
上方落語関係の〇〇について探求してみます
こんにちわ、うーーーん、っと、特に事情があってのことではありませんが、
    現在↓「新 上方落語の○○」↓で更新しております。 修正・加筆しております。よかったら見てみてください。    現在↑「新 上方落語の○○」↑で更新しております。よかったら見てみてください。
[37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27
な、なんと!昭和54年の「六世松鶴極つき十三夜」長講の十三席がCD化される!10月20日発売!!と書いておりましたが、諸事情あって11月3日に発売がずれ込んでおるそうです。

 正直、2009年9月16日発売予定だったユニバーサルからの「なごやか寄席シリーズ」が発売中止となったことから、「ひょっとしてイニシャル枚数の関係やらなんやらで・・・まさか!?」とか勝手に心配しておりましたが、めでたく発売されるようで安心です。



いやーよかったよかった。



というわけで、この昭和54年、六代目61歳の折の「六世松鶴極つき十三夜」周辺のメモを。

前年の昭和53年は体調不良だったようですが、年末に大阪市民表彰・文化功労賞を受賞。
明けて54年正月が「六世松鶴極つき十三夜」の開催。

会場の「毎日国際サロン」というのは当時の毎日ホールの七階にあって私も何度か行ったことがあります。上品な小会場だった記憶があります。もはや毎日ホールも現存しておりませんが。

場所で言うと堂島の最近新しいホテルが建ったところですね。旧毎日新聞社は西梅田のほうにいって今は堂島アバンザになってます。(←この辺の話は北新地のベテランママに聞いたら色々教えてもらえそうです)。。

毎日ホール

昭和50年代には毎日ホールでも割と落語会や独演会も開かれてました。地図は昭和52年ごろのもの。

昭和55年の正月からは、盟友 京山幸枝若師と「がぶり四つ」で毎年正月に2席づつ演じる会が定例化しました。この会は亡くなる前の昭和59年の1月まで開かれました。

昭和55年1月4日 毎日ホール
「がぶり四つ松鶴・幸枝若」
松鶴「新作 今宮戎浪花股販(和多田勝 作)」
松鶴「あんまごたつ」
幸枝若「天王寺の眠り猫」
幸枝若「米屋剣法」


京山幸枝若師はもちろん浪曲師です。新作に加え「あんまごたつ」はネタおろしだったそうです。

昭和56年1月3日 毎日ホール
「御大がぶり四つ松鶴・幸枝若」
松鶴「うちがえ盗人」
松鶴「二番煎じ」
幸枝若「竹の水仙」
幸枝若「河内住人斬り」


「竹の水仙」は先代枝鶴、最近では鶴光さんや鶴二さんもやってますね。元ネタ。松鶴師「二番煎じ」は珍しいですね。この時期は酒の噺が多かったようです。
この時期関西ローカルの演芸番組に出ることも多くて、その際は「酒の粕」「相撲場」「平の陰(手紙無筆)」「遊山舟」「有馬小便」なんかがまだテレビ番組でオンエアされたました(関西限定かもですが)。。

この昭和56年の年末に紫綬褒章受賞。これも大阪ではかなりニュースになってました。
それを受けてなのかどうか知りませんが東宝からビデオ「東宝名人会シリーズ・笑福亭松鶴」が発売されて(あのディスクで長方形のヤツでも発売されてたはず)。日比谷芸術座での高座「あとひき酒」は30分

昭和57年の正月には紫綬褒章受賞を記念した落語会も毎日ホール開催されました。

昭和57年1月3日 毎日ホール
紫綬褒章受賞記念・惚れて六代目松鶴

鶴三 初天神
松鶴 角力場風景
仁鶴 ちしゃ医者
松鶴 三人兄弟



ここから数年松鶴師匠は定席角座に落語会にテレビと元気にやってはりました。

私の記憶では、お客さんの入りの多い会では、笑いの多いネタをさらっとやって高座を降りる。反対に客の入りが少ない会(もうホントに5人とか10人とかあっったんです)の場合は、珍しいじっくり聴かせる噺、をたまたまた、あたったんでしょうが・・・やってはった記憶があります。特に当時客の入りが少なかった千里セルシーで毎月やってた「千里繁昌亭」(※これが今の天満天神繁昌亭のネーミングの元になってるそうです)では「棟梁の遊び」をじっくり40分ぐらい熱演してはったのが印象に残ってます(お客さん私含めて7名ぐらいでしたが・・・、当時、聞いたことない噺だったので熱心に聴いていた小学生の私でした・・・・



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
 京山幸枝若師の河内住人斬りは、『河内十人斬り』が正しいです。

 松鶴師の『有馬しょうべん』は、珍しいですねぇ。ローオン・レコードに吹き込んでいますが、他の音源にはありません。
にっしゃん| | 2011/02/28(Mon)21:42:13| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろはにほへと

最新CM
[09/03 衡山]
[08/03 Hさん]
[07/30 Hさん]
[04/04 NONAMENOAIM]
[03/28 一若]
ブログ内検索
最古記事
(11/12)
(11/15)
(11/15)
(11/16)
(11/20)
(11/20)
(11/21)
(11/21)
(11/21)
(11/22)
(11/22)
(11/23)
(11/29)
(12/16)
(12/31)
(01/05)
(02/12)
(02/28)
(02/28)
(03/07)
(06/27)
(07/06)
(07/29)
(08/28)
(09/01)
フリーエリア
桂米朝/上方落語大全集: 第一集(Ltd)(Box) 愛宕山 / 犬の目 / 魚の狂句 / 宿屋仇 / 厄佛い / 猫の忠信 / くしゃみ講釈 / 阿彌陀池 / 軽業 / 動物園 / 佐々木裁き / 米揚げ笊 / 狸の賽 / 仔猫 / 京の茶漬 / 親子酒 / 算段の平兵衛 / 蟇の油 / 商売根問 / どうらんの幸助 / 明石飛脚 / 世帶念佛 / 鯉舟 / 足上り / いもりの黒焼 / 地獄八景亡者戯 桂米朝/上方落語大全集: 第二集(Ltd)(Box) 百年目 / 肝つぶし / 景清 / 軒づけ / 怪談市川堤 / 親子茶屋 / 鹿政談 / 不精の代参 / 兵庫船 / 骨つり / 貧乏花見 / けんげしゃ茶屋 / ひとり酒盛 / 道具屋 / 蔵丁稚 / 三年酒 / 天狗さし / 三枚起請 / 二人ぐせ / 一文笛 / 住吉駕篭 / 皿屋敷 / 植木屋 / 稲荷俥 桂米朝/上方落語大全集: 第三集(Ltd)(Box) 口入屋 / つぼ算 / 帯久 / 鴻池の犬 / 不動坊 / 小倉船 / 饅頭こわい / 卯の日詣り / まめだ / かわり目 / 次の御用日 / つる / はてなの茶碗 / 夏の医者 / 口合小町 / 七度狐 / 猫の茶碗 / かけとり / 土橋萬歳 / 蛇含草 / 正月丁稚 / 百人坊主 / 花筏 / たちぎれ線香 / 矢橋船 桂米朝/上方落語大全集: 第四集(Ltd)(Box) らくだ / 持参金 / 崇徳院 / 看板の一 / 狸の化寺 / 高津の富 / 田楽喰い / 除夜の雪 / 池田の猪買い / 馬の田楽 / べかこ / 天狗さばき / 近江八景 / 牛の丸薬 / しまつの極意 / 坊主茶屋 / 桃太郎 / 質屋蔵 / 鉄砲勇助 / 千両みかん / 風の神送り / 菊江佛壇 / くやみ / こぶ弁慶 / 子ほめ 桂米朝/米朝 (+dvd) 地獄八景亡者戯 / 本能寺 / 百年目 桂米朝(3代目)/米朝よもやま噺 人間国宝・桂米朝が「口の向くまま気の向くまま」に語った芸談集。師匠・四代目桂米團治、桂南天、橘ノ圓都、古今亭志ん生ほか、噺家、浪曲師、漫才師、寄席囃子の名手、講釈場の思い出や、枝雀、ざこば、小米朝ら一門の弟子たちとのエピソード、俳句の魅力などを味わい深く語った一冊。単行本『米朝よもやま噺』待望の文庫化。 桂米朝/蔵出し! 米朝全集 人間国宝であり演芸家として初めて文化勲章を受章した桂米朝。各放送局に残っているこれまで商品化されていなかった貴重な高座を、各局の賛同・協力のもと『蔵出し!米朝全集』と題し発売! 各ディスクには厳選された2演目に加え、それぞれの特色ある特典映像も収録。小佐田定雄氏による全演目解説に加え、各局のプロデューサーやディレクターによるコメントなどの貴重なテキストも満載の豪華ボックスとなります。
最新記事
(03/14)
(12/30)
(08/18)
(08/01)
(06/13)
(06/12)
(06/11)
(05/11)
(05/01)
(05/01)
(04/03)
(03/26)
(03/25)
(03/25)
(03/19)
(03/17)
(03/17)
(03/17)
(02/28)
(02/25)
(02/22)
(02/14)
(12/23)
(07/15)
(11/02)
アーマゾン
メイルフォォム
フリーエリア




kauli
Kauli
フリーエリア
Copyright ©   上方落語の〇〇   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]