忍者ブログ
上方落語関係の〇〇について探求してみます
こんにちわ、うーーーん、っと、特に事情があってのことではありませんが、
    現在↓「新 上方落語の○○」↓で更新しております。 修正・加筆しております。よかったら見てみてください。    現在↑「新 上方落語の○○」↑で更新しております。よかったら見てみてください。
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昭和54年「六世松鶴極つき十三夜」 長講の十三席がCD化される!10月20日発売!!いろいろ聴いてみる前に ということで、今回は口上も収録されるそうで、コンプリートな感じですね。



お祝い口上 司会:笑福亭仁鶴
桂米朝、桂春団治、桂小文枝、夢路いとし・喜味こいし





米朝:昭和54年(1979年)1月に「六世松鶴極つき十三夜」というのがあった。これはもう、お祭り的な意味合いでね。そやさかい切符がよう売れてね。そんなに大きなところではなかったしね。

鶴瓶:これは三栄企画がやったんですね。マネージャーの奥田勉がやったんです。

米朝:あれはまぁ、やはり、もう、笑福亭のね、仁鶴やなんかも結構売れてた時分やったしな。
私は、初日に出て口上で「もう、松鶴の最後を聞こうと思う人は、毎日来てくれ!」と言いました。
あの会は、酒屋がスポンサーについてね。

鶴瓶:そうです、そうです。

米朝:毎日、こうね、ポーンと鏡割りしよんねん。もう、こうなったら、飲まなしゃあないわなぁ。
お客さんにも振舞ういうて、二日ぐらいで樽酒が空いてしもたんで、結局、一升瓶を買うてきて、グゥーッとその中へつぎ込んでな(笑)

鶴瓶:それで、そのスポンサーが「白鷹」やったのに、おやっさんが落語の中で、「白鶴」と言い間違いをしましてね。「白鶴」言うたんですよ、「白鷹」を。
で、おやっさんの同級生がえらい酔うて、客席からおやっさんが落語やってんのに、「ワァーッ!」言うて、舞台でトラで、客席でトラ・・・・、メチャクチャや。
落語に合いの手を打つんです。こっちはネタで「オーラァーッ!」と言うてんのに、向こうも「オーラァーッ!」て。
皆で「引きずり出さなあかん! 引きずり出さなあかん!」(笑)言うて、えらいことでした。
米朝:そら入口に樽酒が置いてあったからね。

六世笑福亭松鶴はなし(戸田学編)岩波書店より





「市助酒」で、客席からの奇声をきくことができるかも、

大阪市北区堂島の毎日ホール七階・毎日国際サロンという四百名収容の会場にて行われた。「オールナイトニッポン」のナンチャッテおじさんドキュメントでギャラクシー賞選奨だった翌年のことだから、ボクは三十一歳だった。松鶴師匠は当時六十一歳。それまで高血圧などですぐれなかった体調がひとまず回復し、ここで落語家生活の道しるべとなるような落語会、という構想が実現した。
松鶴といえば、酒を題材にしら噺の名人でもあり、夜の盛り場での逸話も数多く、まさに“酒飲み”のイメージにぴったり。それで落語会後援団体に、従来の大阪府・大阪市に加えて、灘の酒造会社十三社が参加することになり、第一夜は「大関」、第二夜は「多聞」、第三夜以降も「日本盛」「白鷹」「白鹿」「櫻正宗」「金露」「白鶴」「菊正宗」「富久娘」「沢の鶴」「金盃」「白雪」という具合に、各社が日替わりで二斗樽を寄贈してくれて来場者にふるまい酒として提供された。
(略)
十三日間で四九○二名の来場者を呼び大成功に終わる。

二度目の十三夜興行「白鶴新春寄席 松鶴・仁鶴極つき十三夜」は白鶴酒造が単独提供で後援。
パンフレット、ポスター、チラシすべてタイアップ、全期間通じて二斗樽も寄贈してくれた。五代目松鶴からお付き合いがあり、五代目が発行していた雑誌「上方はなし」にも広告を載せていた間柄だという。
そして十三日目の「三十石」。最終日ということもあり白鶴酒造から偉い方々がおみえになり、客席で聴いていた。
その目の前でこともあろうに松鶴師匠は、
「やっぱり酒は白鷹」って言ってしまった。ふるまい酒もいただいた筈なのに。師匠、そこはなんとしても「白鶴」って言わなきゃ。
事情のわかっているお客は大ウケ。そしたら師匠ご丁寧にもう一度、

「白鷹や」。

二回も言った。これじゃ確信犯だ!ボクは後で、白鶴酒造に謝りに行った。
「えらいすんまへん。ボケてまんのや。とうとうボケてしまいました」って(笑)。
実に難儀な思いをしたことは、いまでも鮮明に覚えている。

笑福亭鶴光「つるこうでおま!」(白夜書房)より



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろはにほへと

最新CM
[09/03 衡山]
[08/03 Hさん]
[07/30 Hさん]
[04/04 NONAMENOAIM]
[03/28 一若]
ブログ内検索
最古記事
(11/12)
(11/15)
(11/15)
(11/16)
(11/20)
(11/20)
(11/21)
(11/21)
(11/21)
(11/22)
(11/22)
(11/23)
(11/29)
(12/16)
(12/31)
(01/05)
(02/12)
(02/28)
(02/28)
(03/07)
(06/27)
(07/06)
(07/29)
(08/28)
(09/01)
フリーエリア
桂米朝/上方落語大全集: 第一集(Ltd)(Box) 愛宕山 / 犬の目 / 魚の狂句 / 宿屋仇 / 厄佛い / 猫の忠信 / くしゃみ講釈 / 阿彌陀池 / 軽業 / 動物園 / 佐々木裁き / 米揚げ笊 / 狸の賽 / 仔猫 / 京の茶漬 / 親子酒 / 算段の平兵衛 / 蟇の油 / 商売根問 / どうらんの幸助 / 明石飛脚 / 世帶念佛 / 鯉舟 / 足上り / いもりの黒焼 / 地獄八景亡者戯 桂米朝/上方落語大全集: 第二集(Ltd)(Box) 百年目 / 肝つぶし / 景清 / 軒づけ / 怪談市川堤 / 親子茶屋 / 鹿政談 / 不精の代参 / 兵庫船 / 骨つり / 貧乏花見 / けんげしゃ茶屋 / ひとり酒盛 / 道具屋 / 蔵丁稚 / 三年酒 / 天狗さし / 三枚起請 / 二人ぐせ / 一文笛 / 住吉駕篭 / 皿屋敷 / 植木屋 / 稲荷俥 桂米朝/上方落語大全集: 第三集(Ltd)(Box) 口入屋 / つぼ算 / 帯久 / 鴻池の犬 / 不動坊 / 小倉船 / 饅頭こわい / 卯の日詣り / まめだ / かわり目 / 次の御用日 / つる / はてなの茶碗 / 夏の医者 / 口合小町 / 七度狐 / 猫の茶碗 / かけとり / 土橋萬歳 / 蛇含草 / 正月丁稚 / 百人坊主 / 花筏 / たちぎれ線香 / 矢橋船 桂米朝/上方落語大全集: 第四集(Ltd)(Box) らくだ / 持参金 / 崇徳院 / 看板の一 / 狸の化寺 / 高津の富 / 田楽喰い / 除夜の雪 / 池田の猪買い / 馬の田楽 / べかこ / 天狗さばき / 近江八景 / 牛の丸薬 / しまつの極意 / 坊主茶屋 / 桃太郎 / 質屋蔵 / 鉄砲勇助 / 千両みかん / 風の神送り / 菊江佛壇 / くやみ / こぶ弁慶 / 子ほめ 桂米朝/米朝 (+dvd) 地獄八景亡者戯 / 本能寺 / 百年目 桂米朝(3代目)/米朝よもやま噺 人間国宝・桂米朝が「口の向くまま気の向くまま」に語った芸談集。師匠・四代目桂米團治、桂南天、橘ノ圓都、古今亭志ん生ほか、噺家、浪曲師、漫才師、寄席囃子の名手、講釈場の思い出や、枝雀、ざこば、小米朝ら一門の弟子たちとのエピソード、俳句の魅力などを味わい深く語った一冊。単行本『米朝よもやま噺』待望の文庫化。 桂米朝/蔵出し! 米朝全集 人間国宝であり演芸家として初めて文化勲章を受章した桂米朝。各放送局に残っているこれまで商品化されていなかった貴重な高座を、各局の賛同・協力のもと『蔵出し!米朝全集』と題し発売! 各ディスクには厳選された2演目に加え、それぞれの特色ある特典映像も収録。小佐田定雄氏による全演目解説に加え、各局のプロデューサーやディレクターによるコメントなどの貴重なテキストも満載の豪華ボックスとなります。
最新記事
(03/14)
(12/30)
(08/18)
(08/01)
(06/13)
(06/12)
(06/11)
(05/11)
(05/01)
(05/01)
(04/03)
(03/26)
(03/25)
(03/25)
(03/19)
(03/17)
(03/17)
(03/17)
(02/28)
(02/25)
(02/22)
(02/14)
(12/23)
(07/15)
(11/02)
アーマゾン
メイルフォォム
フリーエリア




kauli
Kauli
フリーエリア
Copyright ©   上方落語の〇〇   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]