忍者ブログ
上方落語関係の〇〇について探求してみます
こんにちわ、うーーーん、っと、特に事情があってのことではありませんが、
    現在↓「新 上方落語の○○」↓で更新しております。 修正・加筆しております。よかったら見てみてください。    現在↑「新 上方落語の○○」↑で更新しております。よかったら見てみてください。
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4
その2 「落語家は死なない」のつづき。

 ・対談 「上方芸人気質」 藤本義一・笑福亭松鶴 その3「呼吸を盗む」

昭和50年代に<実業之日本社>から発売された落語レコードのシリーズ「六代目笑福亭松鶴」のライナーノーツに藤本義一先生と六代目松鶴師匠の対談が収録されていました。

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

呼吸を盗む

 藤本 上方の芸ちゅうのは、土の匂いから生まれてきたようなーー終戦直後、大阪の焼け跡に立ったときに、大阪平野で、大阪城だけ見えていましたが、そんな感じですな、ベタッとした。こういう大阪の芸と、関東とか北の方とはずいぶん違うと思うんですな。
 松鶴 わたしも大阪の落語ちゅうのは、子供の時分から聞いてますけどね、これは東京の噺家はんでも、みんな同じでっけど、やっぱし個性のある人が印象に残ってまんな。また大阪の噺家は個性のある人が多おましたわ。
 藤本 というのは、例えば東京の場合は縦の線がきれいにありますな。大阪の場合、横の線のほうがあるでしょうな、一党一派みたいなもんですか。
 松鶴 そうでもないんでっけどね。噺家の層の底辺の広さちゅうんでんかな、これはやっぱし大阪の方が、昔は多かったんと違いまつか。
 藤本 上方の芸人、とくに落語の場合、東京へ行った人が名前変わりますな、全部。というのは、輸出していたわけですな、江戸に。
 松鶴 そうです。東京から必ず修行に来る。あんまり大阪から東京へ噺の修行に行く人はなかったんでんな。噺の修行をする人は、大阪へ来て、大阪でみな稽古しはったさかいに、自然と大阪の噺を東京へ持って帰ってやりはったわけでんな。
 藤本 人間は芸というものに執着していきますわな。何をやってもええわけですか、落語家というのは。
 松鶴 邪道とか何とかいわれますわね。踊り一つ踊っても、あいつは噺が下手やさかいに、逃げに踊り踊りよるのやと。そやから、あんまり噺が上手で、踊りが上手ちゅう人はなかったんですわね。たいてい噺の下手な人が踊り踊っていたわけだ。いまの春団治が小春のときからずっと踊りを踊っていましたんやけど、踊りという武器があるがために噺が伸びぬさかいに、「踊りやめたらどないや」ちゅうてね、わたいらが言うたんだ。彼もぶっつりやめましたしね。噺も上手で踊りも上手やったのは三木助師匠(二代目) です。この人がまた変わった人やったけどね。
 藤本 たとえばわれわれもの書きでも、盗作やないけど、何か目立つ人の、呼吸とか、文体みたいなものを盗もうとしますわな。芸の場合はよけい盗もうとするわけですな。盗み方ってどんなのがあるんですか。
 松鶴 そうでんな、やっぱし呼吸でっか。
 藤本 息ですか。それは聞いてな仕方がないですか。
 松鶴 ええ、もう何べんも何べんも聞いて、それも盗もうと思うてへんかっても、その呼吸を自分が覚え込んでしもうたら、自然と舞台に出てきまんな。審査員なんかやっておると、一番ようわかるんだ。この噺、だれそれに教えてもろうてんやろちゅうて、すぐわかるのんと一緒でね、やっぱし呼吸が、ああ、これはだれそれの呼吸やと。

その4「客を意識してはいけない」につづく。

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村



収録内容詳細はじゃぽ音っと】作品情報:六代目 笑福亭松鶴 上方はなし(14枚組)

お手軽入手はこちら↓


CDつきマガジン 隔週刊 落語 昭和の名人 決定版 全26巻(19)
六代目 笑福亭松鶴 (雑誌)
収録音源は『猫の災難』『三十石』『天王寺詣り』

↑ビクターのスタジオ音源のようです。
・・・と思っていたら、「全席初出し音源」と書いてありますね。機会があったら確認してみます。



↓こちらも「上方はなし」からのセレクト。


六代目 笑福亭松鶴 セレクト1
ディスク:1 高津の富、天王寺詣り
ディスク:2 貧乏花見、蛸芝居


六代目 笑福亭松鶴 セレクト2
ディスク:1 らくだ、ちょうず廻し
ディスク:2 饅頭こわい、遊山船
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
いろはにほへと

最新CM
[09/03 衡山]
[08/03 Hさん]
[07/30 Hさん]
[04/04 NONAMENOAIM]
[03/28 一若]
ブログ内検索
最古記事
(11/12)
(11/15)
(11/15)
(11/16)
(11/20)
(11/20)
(11/21)
(11/21)
(11/21)
(11/22)
(11/22)
(11/23)
(11/29)
(12/16)
(12/31)
(01/05)
(02/12)
(02/28)
(02/28)
(03/07)
(06/27)
(07/06)
(07/29)
(08/28)
(09/01)
フリーエリア
桂米朝/上方落語大全集: 第一集(Ltd)(Box) 愛宕山 / 犬の目 / 魚の狂句 / 宿屋仇 / 厄佛い / 猫の忠信 / くしゃみ講釈 / 阿彌陀池 / 軽業 / 動物園 / 佐々木裁き / 米揚げ笊 / 狸の賽 / 仔猫 / 京の茶漬 / 親子酒 / 算段の平兵衛 / 蟇の油 / 商売根問 / どうらんの幸助 / 明石飛脚 / 世帶念佛 / 鯉舟 / 足上り / いもりの黒焼 / 地獄八景亡者戯 桂米朝/上方落語大全集: 第二集(Ltd)(Box) 百年目 / 肝つぶし / 景清 / 軒づけ / 怪談市川堤 / 親子茶屋 / 鹿政談 / 不精の代参 / 兵庫船 / 骨つり / 貧乏花見 / けんげしゃ茶屋 / ひとり酒盛 / 道具屋 / 蔵丁稚 / 三年酒 / 天狗さし / 三枚起請 / 二人ぐせ / 一文笛 / 住吉駕篭 / 皿屋敷 / 植木屋 / 稲荷俥 桂米朝/上方落語大全集: 第三集(Ltd)(Box) 口入屋 / つぼ算 / 帯久 / 鴻池の犬 / 不動坊 / 小倉船 / 饅頭こわい / 卯の日詣り / まめだ / かわり目 / 次の御用日 / つる / はてなの茶碗 / 夏の医者 / 口合小町 / 七度狐 / 猫の茶碗 / かけとり / 土橋萬歳 / 蛇含草 / 正月丁稚 / 百人坊主 / 花筏 / たちぎれ線香 / 矢橋船 桂米朝/上方落語大全集: 第四集(Ltd)(Box) らくだ / 持参金 / 崇徳院 / 看板の一 / 狸の化寺 / 高津の富 / 田楽喰い / 除夜の雪 / 池田の猪買い / 馬の田楽 / べかこ / 天狗さばき / 近江八景 / 牛の丸薬 / しまつの極意 / 坊主茶屋 / 桃太郎 / 質屋蔵 / 鉄砲勇助 / 千両みかん / 風の神送り / 菊江佛壇 / くやみ / こぶ弁慶 / 子ほめ 桂米朝/米朝 (+dvd) 地獄八景亡者戯 / 本能寺 / 百年目 桂米朝(3代目)/米朝よもやま噺 人間国宝・桂米朝が「口の向くまま気の向くまま」に語った芸談集。師匠・四代目桂米團治、桂南天、橘ノ圓都、古今亭志ん生ほか、噺家、浪曲師、漫才師、寄席囃子の名手、講釈場の思い出や、枝雀、ざこば、小米朝ら一門の弟子たちとのエピソード、俳句の魅力などを味わい深く語った一冊。単行本『米朝よもやま噺』待望の文庫化。 桂米朝/蔵出し! 米朝全集 人間国宝であり演芸家として初めて文化勲章を受章した桂米朝。各放送局に残っているこれまで商品化されていなかった貴重な高座を、各局の賛同・協力のもと『蔵出し!米朝全集』と題し発売! 各ディスクには厳選された2演目に加え、それぞれの特色ある特典映像も収録。小佐田定雄氏による全演目解説に加え、各局のプロデューサーやディレクターによるコメントなどの貴重なテキストも満載の豪華ボックスとなります。
最新記事
(03/14)
(12/30)
(08/18)
(08/01)
(06/13)
(06/12)
(06/11)
(05/11)
(05/01)
(05/01)
(04/03)
(03/26)
(03/25)
(03/25)
(03/19)
(03/17)
(03/17)
(03/17)
(02/28)
(02/25)
(02/22)
(02/14)
(12/23)
(07/15)
(11/02)
アーマゾン
メイルフォォム
フリーエリア




kauli
Kauli
フリーエリア
Copyright ©   上方落語の〇〇   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]